気になる症状改善メニュー
効果バツグン!アレにはコレ!
気になる症状改善メニュー イメージ
2月紙面掲載
疲労を取る筋弛緩法
疲れているのに寝つけないときは、「漸進的筋弛緩(しかん)法」で体と脳の緊張をほぐしましょう。いすに座って両腕を伸ばし、手を握ります。6〜7割程度の力で拳を5秒握り締めたら、一気に脱力。これを2〜3セット繰り返しましょう。
「太りにくい時間」がある
脂肪をため込む働きがある「BMAL1」と呼ばれるたんぱく質は、午後2〜4時ごろに最も量が減ります。この時間帯に間食をしても、脂肪になりにくいと考えられています。
どこに貼る? 使い捨てカイロ
体全体を温めたいときは、おなかにカイロを貼るのがおすすめ。また、冷えによる不調を感じやすい腰、大きな筋肉のある背中を温めるのも効果的です。さらに、足首の後ろ側に貼れば、全身の血流が促進されます。