旬菜
季節の“おいしい”で健康に
旬菜 イメージ
3月紙面掲載
タマネギ/玉葱
ビタミンB1の吸収を高めるアリシンが豊富で、疲労回復を助けます。コレステロール値の上昇を抑える効果もあり、動脈硬化の予防に役立ちます。
ホタルイカ/蛍烏賊
タウリンが豊富で、動脈硬化の予防に効果が期待できます。墨汁(すみ)には、グルタミン酸などうま味のあるアミノ酸が多く含まれています。
ハマグリ/蛤
アミノ酸の一種のタウリンが豊富で、動脈硬化の予防に効果が期待できます。カルシウムも多く、骨や歯を健やかに保つ作用があるといわれています。
グレープフルーツ
ビタミンCが豊富で、肌を健やかに保つとされています。ビタミンB群の一種イノシトールも含まれ、肝機能を高める効果が期待できます。