旬菜
季節の“おいしい”で健康に
旬菜 イメージ
3月紙面掲載
セリ/芹
緑黄色野菜の仲間で、免疫力アップにつながるビタミンCを豊富に含有。香り成分のオイゲノールは鎮静効果があるといわれています。
ハッサク/八朔
独特の苦みはフラボノイドの一種のナリンギンによるもの。食欲を抑える効果が期待できるほか、生活習慣病の予防にも役立ちます。
ホタルイカ/蛍烏賊
タウリンが豊富で、動脈硬化の予防に効果が期待できます。墨汁(すみ)には、旨味成分のグルタミン酸などが多く含まれています。
フキノトウ/蕗の薹
カリウムが豊富で、体内の余分な塩分を排出し、高血圧予防に役立ちます。苦味成分のアルカノイドは肝機能を強化するといわれています。