気になる症状改善メニュー
効果バツグン!アレにはコレ!
気になる症状改善メニュー イメージ
11月紙面掲載
口内炎ができたときは…
粘膜の修復を促すビタミンB2、B6を取りましょう。血抜きした豚レバーをしょうゆやごま油、ニンニクで味付け、ニラ、モヤシとともに耐熱容器に入れて電子レンジでしっかり加熱すれば、簡単レバニラの出来上がり。
免疫力アップには…
キノコ類に含まれるβ−グルカンは免疫力アップなどの効果が期待できる食物繊維の一種です。炒めたキノコやウインナー、ホウレンソウなどをココットに入れ、卵を加えて電子レンジで加熱して召し上がれ。
アンチエイジングには…
きな粉は、血糖値の急上昇を抑える働きがある食物繊維が豊富で、老化の原因の一つ「糖化」を防ぐ効果が期待できます。ゆでたタピオカにきな粉、黒蜜を添えたスイーツを召し上がれ。
判断力アップには
ゴマなどに含まれるマグネシウムは神経情報の伝達に必要なミネラルで、体を動かすための司令を出す能力を向上させる効果が期待できます。豚肉やニンジン、シメジなどの豚汁に練りゴマを加えてどうぞ。
強い骨を作る
カルシウムが豊富な牛乳と、カルシウムの吸収を良くするビタミンDを含むサケを合わせるのがおすすめ。ニンニクやタマネギ、パプリカを炒めて米、サケを加え、水と固形スープ、牛乳で炊いたパエリアをどうぞ。