気になる症状改善メニュー
効果バツグン!アレにはコレ!
気になる症状改善メニュー イメージ
8月紙面掲載
自律神経を整える
牛乳はビタミンなどをバランス良く含み、ウナギと一緒に取ると、神経の働きを正常に保つことができます。細切りのウナギをご飯にのせ、すりおろしたヤマノイモとかつおだし、牛乳、しょうゆを合わせたとろろをかけてどうぞ。
夏バテに負けない体に
ビタミンB1を豊富に含む豚肉と納豆がおすすめ。薄切りの豚肉と小松菜を食べやすい大きさに切り、サラダ油で炒めて納豆を加え、酒、みりん、しょうゆで味付けて召上れ。
胃の調子が悪いときは…
ハクサイやダイコン、ホウレンソウなど、消化の良い食べ物を選びましょう。食べやすい大きさに切ったハクサイ、ダイコン、ホウレンソウとうどんを麺つゆで煮立て、サラダチキンをトッピングして召上れ。
ほてりを解消したい
ゴーヤには体を冷やす作用が期待できます。種とワタを取除いたゴーヤにツナのポテトサラダを詰め、チーズをのせてオーブンで焼いたゴーヤボートを、一口大に切り分けて召上れ。