旬菜
季節の“おいしい”で健康に
旬菜 イメージ
11月紙面掲載
ニラ/韮
独特の香りは硫化アリルの一種アリシンで、血行を促進する効果が期待できます。抗酸化作用があるβ−カロテンやビタミンCも含まれています。
シシャモ/柳葉魚
カルシウムが豊富で、骨がやわらかく丸ごと食べられるので、骨粗しょう症の予防に役立ちます。ビタミンAやB2も多く含まれています。
ギンナン/銀杏
さまざまな種類のビタミンが含まれ、肌を健やかに保つ効果が期待できます。鉄やカリウムなどのミネラルも豊富です。
サトイモ/里芋
ぬめり成分に含まれるムチンは胃や腸の粘膜を健康に保つといわれ、ガラクタンは免疫力を高める効果が期待できます。
カキ/柿
喉や鼻などの粘膜の強化に役立つビタミンAが豊富。肝臓の働きを助けるビタミンCや利尿作用があるカリウムも多く、二日酔いの際におすすめです。