気になる症状改善メニュー
効果バツグン!アレにはコレ!
気になる症状改善メニュー イメージ
12月紙面掲載
“寝酒”はNG!
眠る前にお酒を飲むと、興奮した状態が続いて睡眠リズムが乱れる恐れがあります。遅くとも寝る3時間前までに飲酒を終え、就寝前には牛乳やカフェインフリーのハーブティーを飲むのがおすすめです。
耳のトラブルに注意
イヤホンの使い過ぎが原因で、耳の穴の皮膚が傷ついて炎症を起こす「外耳炎」を発症するケースが増えているそうです。音声を聞くときはできるだけスピーカーなどを使用し、外耳への刺激を抑えましょう。
やる気を高めるには
頑張って結果を出したときなどに、“快感ホルモン”と呼ばれる神経伝達物質「ドーパミン」が脳内に分泌され、人は「うれしい」と感じます。やる気を高めるには、実現可能な目標を立て、達成感を得る機会を増やすのが効果的です。
「貧乏揺すり」の効果
英国の研究で、「貧乏揺すり」の多い女性と少ない女性を比較したとき、少ない人の死亡リスクが上がったという結果が出ました。デスクワークが多い人は、迷惑にならない範囲で貧乏揺すりをして、筋肉に刺激を与えると良いかもしれません。