気になる症状改善メニュー
効果バツグン!アレにはコレ!
気になる症状改善メニュー イメージ
6月紙面掲載
手作りこうじ水でイキイキ!
米こうじをだしパックに入れ、ミネラルウオーターに一晩つけるだけ。お茶の代わりに飲めば、こうじに含まれるアミノ酸やビタミンB2などの豊富な栄養素を効率良く摂取できます。冷蔵庫で保存しましょう。
「片足立ち」でリフレッシュ
背筋を伸ばして立ち、楽に呼吸をしながら片足を軽く上げると、足裏や体幹に意識が向き、脳神経が活性化する。デスクワークの合間のリフレッシュにおすすめ。
野菜は立てて保存
野菜の鮮度を保つには、育っていたときと同じ状態で保存するのが大切。ネギなど上に向かって生長する野菜や、キュウリなどの枝やつるにぶら下がった野菜は、紙とポリ袋に包んで冷蔵庫の野菜室で立たせておくと良い。
運動は夕方がおすすめ
肌や筋肉、骨の若さを保つ「成長ホルモン」の分泌量は体内時計のリズムや運動に左右される。睡眠の数時間前に運動をすると、睡眠中に成長ホルモンが効率良く分泌されるという。