旬菜
季節の“おいしい”で健康に
旬菜 イメージ
4月紙面掲載
サンショウ/山椒
辛味物質やフラボノイドが主成分。実のピリリとした辛味は、食欲増進のほか、胃もたれやせき、むくみなどの改善に効果があるといわれています。
カイワレダイコン/貝割れ大根
カルシウムやマグネシウム、ビタミンCが豊富で、抗酸化力を高める働きがあるといわれています。動脈硬化の予防にも有効です。
トウガラシ/唐辛子
ビタミンCやカロテンが豊富に含まれています。辛み成分のカプサイシンは、血行を良くする効果があるといわれています。
アオジソ/青紫蘇
香り成分は胃液の分泌を促すほか、細菌の増殖を抑える効果があるといわれています。発汗作用もあり、風邪の引き始めに役立ちます。