旬菜
季節の“おいしい”で健康に
旬菜 イメージ
6月紙面掲載
イカナゴ/玉筋魚
カルシウムが豊富で、ビタミンDとの相乗効果で骨粗しょう症の予防に役立つといわれています。ビタミンA、B群も多く含まれています。
ニガウリ/苦瓜
苦味成分には胃液の分泌を促す働きがあり、食欲増進効果が期待できます。ビタミンCも豊富で夏バテ予防に役立ちます。
メロン
体内の余分な塩分を排出する働きがあるカリウムが豊富で、むくみ解消に役立ちます。素早くエネルギー源になる糖質も多く含まれています。
カツオ/鰹
豊富なビタミンDがカルシウムの吸収を助け、骨の強化に役立つといわれています。良質のたんぱく質や、貧血予防に役立つといわれる鉄分も豊富です。