旬菜
季節の“おいしい”で健康に
旬菜 イメージ
12月紙面掲載
トラフグ/虎河豚
タウリンが豊富で、動脈硬化の予防効果が期待できます。皮の黒い部分にはミネラルの一種セレンが含まれ、抗がん作用があるといわれています。
ワケギ
β−カロテンが豊富で、活性酸素の働きを抑制し、がん予防に効果があるといわれています。ビタミンCも多く、コラーゲンの生成を促します。
ワカサギ/公魚
カルシウムが豊富で、骨粗しょう症の予防に役立つといわれています。鉄やリンなども多く含まれ、貧血予防の効果も期待できます。
タアサイ
目や皮膚の粘膜を守るβ-カロテンが豊富。骨粗しょう症予防に効果的なビタミンKや、老化防止に役立つといわれるビタミンCも多く含んでいます。