気になる症状改善メニュー
効果バツグン!アレにはコレ!
気になる症状改善メニュー イメージ
4月紙面掲載
ドライアイにはストレッチを
マスクをしていると、上部から漏れた呼気によって目が乾燥する恐れがあります。ドライアイ対策には、目をぎゅっと閉じたり、まぶしそうに目を細めたりする運動で、まぶた付近の筋肉を鍛え、涙の分泌を促すのがおすすめです。
褐色脂肪細胞の秘密
寒さを感じると、体温を保つ働きをする脂肪組織「褐色脂肪細胞」が脂肪を燃やして熱を作り出すといわれています。室温を下げた部屋で過ごすなど、適度な寒さに体をさらすことで、褐色脂肪細胞を活性化させる効果が期待できます。
「片頭痛」の特徴は?
頭痛には、凝りやストレスからくる「緊張型」と、血管が拡張することで起こる「片頭痛」があります。体を動かしたときに痛みが増すのは片頭痛の特徴。片頭痛が起きたら安静にして、タオルなどで痛い部分を冷やしましょう。
イライラ解消に「ラムネ」
人は、血糖値が低くなると怒りっぽくなることが分かっています。イライラを解消するには、ブドウ糖を主成分としたラムネ菓子を食べるのがおすすめ。ブドウ糖は効率的に脳のエネルギーに変換され、血糖値が上昇します。