気になる症状改善メニュー
効果バツグン!アレにはコレ!
気になる症状改善メニュー イメージ
3月紙面掲載
免疫力アップに「グルタミン」
肉や魚、卵、大豆などに含まれるアミノ酸の一種「グルタミン」には、腸の働きをサポートしたり、免疫力を高めたりする効果が期待できます。熱によって変性するため、刺し身や卵かけご飯などで生食するのがおすすめです。
「布団たたき」はNG
布団たたきは、ダニ対策には逆効果。ダニの死骸やふんが細かく粉砕され、ハウスダストの症状を引き起こす恐れがあります。干した布団を取り込んだ後、すぐに掃除機をかければ、ダニをある程度吸引できます。
バランス力を鍛える
立ち上がったときなどにふらつきを感じる人は、加齢や運動不足などで平衡感覚が衰えているかもしれません。バランスボールを使ったトレーニングで、体幹の筋肉とバランス力を鍛えるのがおすすめです。
ワセリンで花粉をバリア
鼻の周りにワセリンを薄く塗っておくと、花粉の侵入を減らせるといわれています。ただし、鼻の粘膜にワセリンが付くと喉に流れてしまう恐れがあるので、鼻腔の奥には塗らないようにしてください。
かすれ声は老化のサイン?
喉の奥にある「声帯」が衰えると、声に張りがなくなるだけでなく、体に力を入れづらくなり、転倒などのリスクが高まります。喉の乾燥を防ぎ、会話をしたり歌ったりする機会を増やして声帯を鍛えましょう。