気になる症状改善メニュー
効果バツグン!アレにはコレ!
気になる症状改善メニュー イメージ
2月紙面掲載
寝る前に蜂蜜を
お酒を飲むと、アルコールの代謝に伴って低血糖が起こり、食べ過ぎを招く恐れがあります。寝る前に蜂蜜を取ると、夜間低血糖による睡眠の質の低下や、翌日の食欲の乱れを防ぐことができます。
有酸素運動は短時間でもOK
かつては、「有酸素運動を20分以上続けなければ脂肪は燃焼しない」といわれていましたが、これは間違いだということが分かっています。短時間の運動でも脂肪燃焼効果が期待できるので、毎日継続することが大切です。
「隠れ鼻詰まり」かも?
寝起きが悪い、朝起きたときに口や喉が渇いているという人は、鼻詰まりによって睡眠の質が低下している恐れがあります。鼻詰まりの改善には、専用の洗浄液や食塩を溶かしたぬるま湯で鼻の中を洗い流すのがおすすめです。
睡眠不足はダイエットの敵
睡眠の質が悪いと翌朝の代謝が低下し、消費エネルギーが減少するという研究結果が出ています。夜にトレーニングを行い、その後に吸収が緩やかなカゼインプロテインを取ることで、睡眠中も代謝が持続するといわれています。