気になる症状改善メニュー
効果バツグン!アレにはコレ!
気になる症状改善メニュー イメージ
5月紙面掲載
刺激を与えて骨を強化
筋トレと同様、骨にも負荷をかけることで、骨づくりが活性化するといわれています。ウオーキングなど、骨に刺激が加わる運動がおすすめ。また、1日1分、大きな骨を手でたたくだけで、骨の強化が始まります。
「座る」よりも「しゃがむ」?
タンザニアの狩猟採集民・ハッザ族は、循環器系の病気になりにくいそうです。ハッザ族はほとんど椅子に座らず、しゃがんだりひざまずいたりする時間が長いことが明らかに。下肢の筋肉活動で健康に良い影響がある可能性が示されました。
靴を見直してみよう
運動不足による足の痛みに悩む人が増えているようです。靴を見直すことで、不調が改善することがあります。かかと部分をしっかり包み込んで衝撃を吸収しているか、甲の部分に緩みがないかを確かめて靴を選びましょう。