気になる症状改善メニュー
効果バツグン!アレにはコレ!
気になる症状改善メニュー イメージ
7月紙面掲載
寝汗の量を減らしたい
就寝の1時間前までに入浴を済ませ、自然に汗をかいて体温を下げると寝入ったときの汗は自然と減ります。一方、睡眠中にエアコンを付けっぱなしにすると良い汗をかけない体になり、ベタベタの悪い汗を増やすことになるので要注意です。
緑茶の栄養をしっかり抽出
緑茶に含まれるうま味成分「テアニン」には、リラックス作用やストレス緩和などの効果が期待できます。テアニンをしっかり取りたいときは、溶けた氷の滴でお茶を抽出する「氷出し茶」がおすすめです。
ブラッシングで美髪を保つ
健やかな髪を保つためには、洗髪の前のブラッシングが大切。髪に付着した汚れを落とすほか、頭皮に適度な刺激を与えることで血流の改善も期待できます。獣毛のブラシを使い、前後、左右と方向を変えながら満遍なく行うと良いでしょう。
犬との散歩で健康に
犬を飼っている人は、飼い犬と散歩するので運動量が多く、健康的な生活を送っているという研究結果が発表されました。英大学の調査によると、平均的な飼い主は散歩を1週間に約7回、計約3時間40分行っているといいます。